img_01

歌手志望ではなくてもボイストレーニングを受けよう

ボイストレーニングと言うと、歌手になりたい人や歌がうまくなりたい人が受けるものであり、一般的にはあまり関係がないと思う人が多いです。歌手へのあこがれを抱いていても、本気で取り組んでいる人が全てではないですし、歌があまりうまくない人が全てボイストレーニングを受けてうまくなりたいと思っているわけではありません。
どこか少しだけ一般的とは離れているボイストレーニング。



しかしそういった人たちだけでなくても、多くの人に受講するメリットはあります。
ボイストレーニングはその名の通り、声の訓練なので、声の出し方、使い方を正しく身につけるレッスンです。声は誰でも使います。



特に仕事でも大事になってくるのが明るい声や聞き取りやすい声です。


それだけで相手の印象も変わりやすいですし、仕事が円滑に進むきっかけにもなります。

歌と直接関係しない人たちにも、仕事の場ということを考えると、とても大きなメリットになるのです。



ボイストレーニングのレッスンの場では、声の出し方のために歌を歌うことがあります。

ここで歌の技術も身につけることができます。

つまり、望むわけではないですが歌の技術が身につくことで、一つの特技が生まれます。

近年の日本では仕事後のコミニケーションとして、飲み会、そして二次会でカラオケということも多くあります。



そこで、隠れていた特技の歌を披露することで、周りからの印象も良くなっていくチャンスとなります。

仕事でも仕事後でも、コミニケーションを円滑にして改善していけるチャンスを、ボイストレーニングでつかみやすくなるのです。